作品紹介

愛媛銀行久米支店 

BACK
2010年に「公共建築物等木材利用促進法」が施行され、学校等の公共建築物の木造化が図られてきているところではありますが、金融機関においては、現代木構造で建設された銀行は類を見ないものと思われます。これは、木造の銀行を作る、さらには久万高原町産材を100%使用し地域に貢献するという発注者様の強い思いがあって実現されたものであり、特徴のある木造2階建ての銀行となっています。
建物は柱・梁を現しとする真壁方式を採用して、伝統木造の白壁と木材を現しとする事により安心感を覚え、来店される方に優しく、なじみやすく又、外観に縦格子を取り入れたことにより、堅実さも合わせ持った「現代和風」をイメージして設計しています。
2階には常燈庵と銘々された茶室を設け行員の方々の作法と修養の場として活用されています。茶室は4畳半の簡素なつくりとし設備機器等をできるだけ意識しないですむ納まりとしています。
DATA 住所  :愛媛県松山市久米町
構造  :木造2階建 一部鉄筋コンクリート造
延床面積:681㎡

愛媛銀行webページ
新企画設計 FACEBOOK